×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレスニキビ ピル

ストレスニキビの改善に、ピル以外で女性ホルモンにアプローチ!

 

ストレスニキビの改善に、ピル以外で女性ホルモンにアプローチしてくれる化粧品が話題になっています!

 

ストレスニキビ ピル

 

今までのニキビケア化粧品にはなかった新発想で、あなたの大人ニキビに働きかけてくれますよ。

 

 

ストレスニキビでピルを使う前に、ラ・ミューテはこんな化粧品です

 

ストレスニキビとピル

 

長い間のストレスニキビに悩まされている方、ホントに多いようですね。

 

 

ストレスは、なんといっても現代病です。仕事や家事、そして育児など、責任感を持って、真剣にやればやるほどストレスというのは溜まっていきます。

 

 

なのでストレスニキビというのは、真面目な方に出来やすい傾向にあるのではないでしょか。

 

 

大抵の方はストレスニキビについて、その根本原因がホルモンバランスの乱れから来ていることをご存じのようです。

 

 

それ故に、ホルモンバランスをコントロールしてくれるピルの服用でストレスニキビを改善しようとお考えの方も大変多いようですし、実際に低用量ピルの服用で、長い間悩み続けていたストレスニキビが改善したと言う方も多くいらっしゃいます。

 

 

けれどその反面、できるだけ薬のたぐいは使用したくないという方も多くいらっしゃるのも事実です。

 

 

ピルはストレスニキビに有効か?

ピルは服用して間もない時には、軽い吐き気や頭痛に見舞われることもあり、また高齢の喫煙者や乳がん、子宮体がん、血栓症や心筋梗塞を起こしたことのある方は服用できないなどの制限もあります。

 

 

ピルといっても医師の処方箋が必要な立派な薬です。

 

 

できればそんな薬に頼らずに、ストレスニキビをなんとかしたい! そうお考えの方にぜひとも試して頂きたい化粧品があります。

 

 

女性ホルモンのホルモンバランスにアプローチしている画期的な発想の化粧品です。

 

 

購入者全員に専属の担当者が付いたり、購入後180日間の返金保証があるなど、はじめての方にはトライしやすい条件が用意されていますので、ストレスニキビで長い間お悩みになっていて、ピルの服用まで考えておられる方ならば、その前に一度、この化粧品を試してみる価値は大いにあると思います。

 

 

 

矢印 女性ホルモンのバランスに着目した ラ・ミューテ化粧品

 

 

 

ストレスニキビでピルに頼らない、生活習慣からのアプローチ

 

ストレス解消へ日常生活からのアプローチ

 

ストレスニキビを改善するには出来るだけストレスを溜めないこと?

 

 

そんなことを言われても、ストレスなんてを溜めたくて溜まっているわけではないと言うのが正直なところですよね。

 

 

「溜めるな!」 と言われてストレスが溜まらないのならば、こんなに簡単な話はありません。

 

 

ですのでここでは、ホルモンバランスを整えるのに有効と考えられている日常生活からのアプローチの仕方をご紹介します。

 

 

ストレスを感じないで生活をするということは無理だとしても、これらの方法を取り入れて、少しでも気持ちやカラダをリラックスさせてみましょう。

 

 

交換神経と副交感神経

ヒトの自律神経には交換神経副交感神経があります。交換神経は主に活動している時、副交感神経は休息している時にはたらきます。

 

 

普通なら、昼間の頭やカラダを動かしている時に交換神経がはたらき、夜の休息時には副交感神経がはたらくのですが、ストレスを多く感じていたり、仕事などで夜遅くまで神経をとがらせている状況下では、夜になっても交換神経が優位にはたらき、副交感神経がはたらく時間が短くなってしまうことがあります。

 

 

このような生活を続けてしまうとストレスはさらに増大し、ホルモンバランスを乱す大きな原因となってしまいます。

 

 

それらの状況を少しでも緩和するためにも、以下のポイントに注意して、副交感神経が優位にはたらく環境を日常生活の中に取り入れてみましょう。

 

 

入浴

ぬるめのお湯につかることで、心やカラダをリラックスさせることができます。38℃〜40℃、冬なら41℃くらいのややぬるいお湯につかることで脳内の副交感神経が刺激されます。

 

 

ぬる目のお湯でストレス解消

ここで注意したいのが熱いお湯です。お風呂が好きな方の中には、熱いお湯でなければお風呂に入った気がしないという方もいらっしゃるようですが、42℃以上の熱めのお湯に入ると、心臓の鼓動が高まったり、血のめぐりが活発になったりと、交換神経優位の状態を作りだしてしまいます。

 

 

特別な理由があって、熱いお湯に入らなければならないとき以外は、ぬるめのお湯がストレス解消に効果的です。

 

ストレッチ

ストレッチも副交感神経が優位になる状況を作り出してくれます。また就寝前にストレッチを取り入れることによって、安らかな眠りを得られる効果も期待できます。

 

約20〜30分程度のストレッチは全身の倦怠感や疲れを取り除いてくれるだけはなく、気持ちをリフレッシュさせるのにも効果的です。

ストレッチでストレス解消

 

アロマ

アロマがストレスの解消に効果的だということは、最近では広く知られるところとなっています。アロマオイルには、肌から吸収されてカラダに作用する効果と、その香りが脳を刺激して心に働きかけるという二つの効果が期待できます。アロマの素晴らしい香りを嗅ぐことで、脳の緊張は解きほぐされ、ホルモンバランスや自律神経(交換神経・副交換神経)が整えられます。

ストレス解消へ日常生活からのアプローチ

 

 

また、アロマと同じで、香りが女性ホルモンに働きかけるという意味では、ハーブティーの利用も大変効果的です。

 

 

 

 

 

ピルの使用は最終手段?

 

いかがでしたでしょうか?

 

ストレスニキビの改善には、確かにピルの使用は効果的かもしれませんが、ピルを使う以外にも、他にもさまざまな方法があることだけはお分かり頂けたのではないでしょか。

 

ここでご紹介したこと以外でも、ストレスニキビを改善する方法はまだまだありますので、ピルの服用は最終手段に取っておいて、まずは、薬に頼らないスキンケアを模索してみてはいかがでしょう。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

ピルの服用は最終手段


 

こちらの記事もいかがですか?